最近調子が悪いな…と思った時は心臓ドックを受けてみよう

人間ドックの知識 定期的な検査が大切

検査したほうが良い

検査した方がいい人

心臓にまつわる病気はほとんどの場合、自覚症状がないまま進行している場合が多くあります。
中でも生活習慣が乱れた状態を長年続けている人は注意が必要です。
心臓ドックは、特に高齢になればなるほど定期的に行っていく必要があり、始めに心臓ドックを受けた方が良いとされているのは50歳といわれています。
しかしながら、喫煙や飲酒の量が多い人であれば、できるだけ若いうちに一度は心臓ドックを行っておくと良いでしょう。
その結果によっては今後の生活習慣の改善や予防を行うことが可能です。
普段から、高血圧や糖尿病、運動したら胸が痛いなどの症状がある人は数年に一度は心臓ドックを受けることが予防への第一歩です。

心臓ドック後は

心臓ドックの時には、薬剤を身体に取り込んで行う検査もあるので、その薬剤を早めに身体から排出する必要もあります。
よって、検査が終わったら、水分を多くとって尿から早めに薬剤を排出するように心掛けることが大切です。
人によっては検査後数日むくみやじんましんなどのアレルギー症状がでる人もいます。
アレルギー症状が現れた場合は、すぐに検査をおこなった病院や施設に連絡すると良いでしょう。
加えて、検査後特に大きな異常が見られなくても、心臓ドックをきっかけに生活習慣を改善していくことが大切です。
現在の病気の原因のほとんどは生活習慣によるものなので、規則正しい生活で健康的な食事や運動を行うことが肝心です。